今別のもずくうどんと本州最北端の新幹線駅

本州と北海道を結ぶ、北海道新幹線が2016年3月26日に開業。青森県東津軽郡今別町にも北海道新幹線「奥津軽いまべつ駅」ができました。奥津軽いまべつ駅は、本州最北端の新幹線駅です。開業まで1年を切った、2015年夏の状況はどうなのか見てきました。

奥津軽いまべつ駅開業前

遠くからはもう出来上がっているようにみえましたが、まだまだ作業中。この日も工事の方々が暑い中、作業されていました。駅の横には駐車場もできるようです。

新幹線駅はこれからですが、すでにオープンしている駅が隣接していました。
「道の駅いまべつ 半島プラザアスクル」

道の駅いまべつ

2015年4月にリニューアルオープンした、道の駅いまべつのご当地グルメ「もずくうどん」をいただきました。

もずくうどん

特産のもずくを粉末にして練り込んでいます。お土産用に商品化もされていましたよ。

せっかくなので、同じ東津軽郡にある「道の駅たいらだて」にも寄ってみました。

津軽国定公園の中にあり、海水浴やキャンプなどをして楽しむことができます。国道沿いにあるのは珍しい灯台もありました。

平舘灯台

国道280号線沿いにある、「平舘灯台」

北海道新幹線では、東京~新函館北斗まで乗り換えなしで約4時間と便利になります。目的地が北海道だと残念ながら、青森の駅はすぐ通り過ぎてしまいます。

しかし、本州最北端には綺麗な景色があるので、新幹線から見える風景も楽しみにしてください。津軽半島に行くのも便利になり、北海道新幹線開業が待ち遠しい2015年夏でした。

・安く日本旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク