マグロを目的に下北半島まで長距離ドライブ

マグロといえば、大間のマグロが有名ですよね。本州最北端の地・下北半島にある大間町まで、美味しいマグロのご当地グルメを目的に、友人と二人でドライブ旅してきました。

本州最北端の地に行くときは、余裕をもったスケジュールで行ってくださいね。ランチに食べるなら前泊することをお勧めします。

途中で高速道路を降り、一般道を長距離走らなくてはいけません。道中、『遠いな~、まだかな~』と挫折しそうになりますが、是非行ってみてください。感動するはずです。

ランチになんとか間に合い、お目当てのマグロ丼を食べることができました。

大間のマグロ

ドンブリいっぱいにマグロ。ご飯が見えません。

無事、マグロを食べることができたので大間崎を観光。写真に収めたくなるモニュメントが目に入ってきました。

大間崎

北海道まではわずか17.5キロメートル。少しの間、眺めていました。マグロは水揚げされた実物大とのことです。

下北半島でお勧めの観光スポットもご紹介しますね。

大間町のお隣・佐井村には、エメラルドグリーンの海を見ることができる「仏ヶ浦」があります。岩場まで行くには結構歩きますが、行く価値ありです。

仏ヶ浦

しかし、雨の日は危ないのでやめておいた方が賢明です。遠くからみても綺麗ですよ。

むつ市には、パワースポットとして有名な「恐山」があります。恐山の入口の手前には、「三途川」もありますよ。

三途川

この世とあの世を分ける川を越える貴重な体験ができます。

恐山

様々な地獄を歩いたあとに待っているのは、美しい湖です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク