ドラクエウォーク 茨城編

茨城県でのクエスト場所と、出会えたご当地グルメをたくさん紹介したいと思います。

初日

笠間芸術の森公園

大変、広大な公園で散歩しながらクエスト開放しました。

大洗マリンタワー

閉館間際だった為、入館は出来ませんでしたが駐車場で開放出来て安心しました。

夜の大洗マリンタワー

すっかり日が落ちたのでホテルヘチェックインし、 「冒」 年会を開催します。この日のお店は 「もんどころ 水戸駅南口店」
【住所:水戸市城南1-3-2】

ここでは茨城県の名産が一度で味わえると言う事で選びました。

冒年会

「奥久慈しゃも (ささみ) ・つくば鶏 (鶏皮、砂肝) の特製三種炒め」
特製の塩だれで炒めた地鶏は、歯ごたえもしっかりありハイボールにもピッタリ!!

奥久慈しゃも・つくば鶏

「銘柄肉三種串焼き (左から瑞穂芋豚・常陸牛・つくば鶏) 」
連続でお肉ですが、こちらは鶏・豚・牛の3種の串焼きを塩で頂きました。お酒のピッチも上がって来ました。

銘柄肉三種串焼き

ネーミングに惹かれたサワーを注文。運ばれて来たのは 「助さん 格さん クエン酸サワー」

底に沈む梅干しをしっかり潰さないと本来の味が出ません。根気強く梅と格闘しました。

クエン酸サワー

良い気分になって来た所へ、今回のメイン「あんこう鍋」が出来上がって来ました!!

運ばれた直後の写真。

アンコウ鍋の具材

冬が旬のあんこうを鍋で頂きます。美味しい地元のお肉を味わっていると鍋が煮えてきたので、地酒と共にあんこう鍋を早速頂きましょう!!

一品・茨城の地酒

光圀・茨城地酒

アンコウ鍋の出来上がり

取り分ける事も無く、お互いに好きなタイミングで鍋を突ける友人は最高の人です。

身はプリプリしてて弾力もあって旨い。皮もとっても美味しい。出汁もあん肝が溶け出してずーっと飲んでいられそう (笑)

骨以外全てが食べられるあんこうを凄さを改めて感じるお鍋でした。

すっかり良い気分になった2人は、改めてメニューを見ると食べたい物がたくさん。せっかくなので気になるものをお互いに注文。

「あん肝」
あん肝

問答無用で日本酒に合います。でもまだまだ、ご当地料理は運ばれて来ます。

「芽子ニンニクの天ぷら」
芽子ニンニクの天ぷら

一口食べるとニンニクのパンチが効きます。明日の事が気になりますが一緒に行動するので良いよね!?(笑)

実際、調べると翌日にあまり (苦笑) 影響が無いとの事です。言われてみれば次の日にはあまり匂いがしなかったかも。ならば気を遣う事、食べれば良かった・・・

合わせて体に優しそうな 「奥久慈卵の出汁巻玉子」 を注文。優しい味は2人のお腹を労ってくれました。

奥久慈卵の出汁巻玉子

本当に良い気分になった2人は、ホテルヘ戻れるか怪しくなったので、現実に戻るためにあっさりとした塩キャベツの力を借りると・・・友人のめちゃくちゃ早い箸の進むペースにはビックリしました。 (苦笑)

お陰様で2人共、翌日にはビックリする事に回復。

翌日

袋田の滝

この日は大晦日。しっかりと締めたいと思います。トンネルを抜けると水が流れる音が聞こえてきます。その音の方へ向かうと大迫力のある大滝が目の前に!!

展望台から眺めるも良し、大迫力の大滝が観れる第1観瀑台から眺めるも良し、好きなポイントを見つけてはいかがでしょうか!?

私は第1観瀑台からの眺めが気に入り、しばし見入っていました。

袋田の滝

そろそろお腹が空いてきたのでお昼にします。
お店は 「昔屋」
【住所:久慈郡大子町袋田178】

けんちんそば

けんちんつけ汁

つけ汁タイプと初めから温かいけんちん汁に入った2つのタイプがありました。具沢山のけんちん汁は、ホッとする味で箸が止まりません。

つけ汁タイプでは、千切りの大根が良い食感を生み出しています。美味しい年越しそばでした。ごちそう様でした。

最後のチェックポイントへ向かいます。道中、もの凄く狭い峠道を友達に運転させてしまい申し訳なかったです。

六角堂

六角堂

残念ながら年末年始のお休みに入っていた為、近くまで行く事は出来ませんでしたが、目的は達成!!これで、前日の千葉県に続いて茨城県もコンプリート。

最後に前日のお昼に食べた物を紹介。美野里パーキングエリアで見つけた 「スタミナラーメン」 名前からして元気になりそうな気がします。
スタミナラーメンin美野里

もつやこんにゃく、野菜がゴロゴロと入っていて食べ応えアリ!

ピリ辛スープで体もぽかぽか。寒い冬には最高の一杯でしょう。

今回は、たくさんの美味しいグルメに出会えた最高の 「冒」 年会となりました!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク