富山駅周辺で夏に名物を一度に味わう

富山県の中心地・北陸新幹線も停車する富山駅に、何度か行ったことはあるものの、あまり駅周辺をブラブラ歩いた記憶がないなと思い、ふと2018年夏に行ってきました。

まずは、富山駅南口の外観を。

富山駅南口

北口もあるとのことなので行ってみました。地下道を歩くこと数分。

富山駅北口

富山駅は南口から北口まで行くのが大変なんだなと。もしかしたら、もっと簡単に行けるのかもしれませんが、暑い夏には少々しんどかったです。でも良いこともありました。

ちょうど電車が停まっていたので一枚。富山市中心部では、路面電車やライトレールが良く走っています。車で行く方は気をつけてくださいね。

富山の路面電車

噂と違い、北口にも人が。お祭りとか何かあるのかと流れに逆らわずついていくと、今日は富山市芸術文化ホール(オーバード・ホール)でコンサートが開催予定でした・・・。

駅周辺を歩いて満足したので、富山ご当地グルメを探しにまた駅へと戻ります。

南口を歩いていた時に、MARIERとやま(ショッピングセンター)が気になったので、今回はここにあるお店にしようと決めました。

6Fのレストラン&カフェにあるお店の中から選んだのは、だいこくや。

富山の美味しさを一度に味わえる「越中うまいもの膳」というメニューに惹かれたからです。運ばれてきたものをみて、最初に思ったのは頼んで良かったなと。季節によっておそらくメニューも変わるのでしょう。2018年夏はコレでした。

越中うまいもの膳2018年夏

富山に行くと必ず食べる白エビ。まずはかき揚げ。

白えびの掻揚

そして、甘酢漬け。

白えび甘酢

コリコリの食感が堪らない、バイ貝の煮付けもありました。

バイ貝の煮付け

一番美味しかったのが、昆布〆刺身。

昆布締め刺身

白エビやバイ貝、ホタルイカはお隣の石川県でも食べたことがありましたが、昆布締めの刺身は富山ならでは。新たなご当地グルメを発見でき、満足してお店を出ます。

夜の富山駅

もう夜になってしまったので、急いで晩酌セットを揃えます。

富山駅ビル・エスタの地下にあるスーパーで見つけてきた、2018年夏の富山晩酌セットはコチラです。

2018年夏の富山晩酌セット

コズクラの刺身(魚津)・あじのつみれ(氷見)・地酒の黒部峡(朝日町)、富山各地のモノを選びました。富山といえば、白エビやホタルイカが有名ですが、昆布〆刺身を筆頭に美味しいものがたくさんあるんですよね。

翌朝を考えて、今日はお酒を控えめにしました。

朝食のます寿司

今回のホテルは、富山のご当地グルメが食べられる朝食(バイキング形式)付きにしたので、朝は元気のない人間も頑張ります。富山旅行で毎回食べる、ます寿司。朝に食べても美味しいです。

白黒昆布飯

とろろこんぶおにぎりも発見。

白と黒の両方を食べてお腹がいっぱい。これ以外にもホタルイカや昆布巻き蒲鉾なども食べて、朝から満腹。今回の旅行は昆布づくしです。

もう1回寝たいところでしたが、残念ながら帰らないといけないので、泣く泣く富山を後にしました。帰る道中に考えていたのは、富山の冬の味覚・寒ブリを一度は食べたいなと。

『富山湾の王者』という称号をもつ寒ブリ。寒いのは苦手ですが、北陸新幹線を利用して行こうか迷っています。

・安く日本旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク