島根の赤い天ぷらをおつまみにビール

島根県浜田市のご当地グルメ「赤てん」とは、名前からもイメージしやすい赤い天ぷらのこと。魚のすり身に唐辛子を混ぜて揚げた赤い天ぷらは、ピリ辛でお酒のおつまみにピッタリな味付けです。

テレビのグルメ番組でビールに合うおつまみとして取り上げられ、赤てんに興味をもった方も多いことでしょう。

食べ方ですが、島根で食べた時はマヨネーズとレモンが付いてきました。何もつけずに食べても美味しいので、まずはそのままの赤てんを食べてください。他には、生姜醤油やソースをかけると一味違う赤てんを楽しむことができます。

赤てん

松江の飲食店で食べた赤てん。見た目からも辛そうです。

全国的に知られるようになったのは最近ですが、浜田市では昔から食べられていました。日本海に面している浜田市は水産業が盛んな街。赤てんはハムカツの代用品(昔はハムカツが高級品とされていた)として考案されたとのこと。

ピリ辛味の赤てんはビールのおつまみだけでなく、ご飯のおかずや子供のおやつにも人気。魚くささはなく柔らかいということもあり、老若男女問わずみんなから愛され続けています。

島根県内のほとんどのスーパーで販売されていますが、赤てんを製造している会社で有名なのは浜田市にお店がある江木蒲鉾商店。老舗蒲鉾屋(明治45年創業)で作られる赤てんが島根のお土産としても人気です。

気になるお値段ですが、地元の人にもよく食べられているということで安い。手軽に食べられるB級グルメとして紹介されるのも納得です。

食べたことのない方は、赤い天ぷらを一度食べてみてください。派手さはありませんが、きっとやみつきになるはず。

現地で食べれば、おそらくお土産に買って帰りたくなると思います。通常商品の他に真空パックの商品もあるので用途によって購入を検討してください。

通販でも赤てんをお取り寄せすることが可能です。
Amazonにある赤てんの商品一覧

お取り寄せをして家で食べる場合は、真空パックの商品が賞味期限が長くてオススメ。フライパンで両面を軽く焼き上げると美味しいおつまみが完成します。ビールを飲みながら島根のご当地グルメを味わってください。

・安く日本旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク