女川グルメを求めて駅周辺を探索

リアス式海岸の先端に位置する女川町は、牡蛎や帆立貝、銀鮭などの養殖が盛ん。さらに、さんまの水揚げ量が全国有数のこの町で新たなご当地グルメを探してきました。

東日本大震災後、女川駅前から女川湾の方へレンガみちが整備されました。

女川駅前の景色

女川駅舎には「女川温泉ゆぽっぽ」という温泉施設や展望台が造られ、展望台からは女川湾を一望出来ます。天気の良い日の眺めは綺麗です。

レンガみちには、食事処からお土産屋さんが立ち並び目移りしてしまいます。

時間はちょうど昼過ぎ。

以前、来た事がある友人には申し訳ないとは思いましたが、レンガみちから少し離れた中華料理店が気になった私の希望で「金華楼」へ。
【住所:宮城県牡鹿郡女川町女川浜字女川136-13 】

友人は、唐揚げ女川カレー、私はパイコー麺を注文。震災時に炊き出しとして振る舞われた話題のカレーが、女川カレーとして商品化されています。

パイコー麺

パイコーの衣に、女川カレーが使用されていました。

食事を終え、レンガみちを散策。段ボールで製作されたランボルギーニを見に行きます。細部までこだわっていて、素晴らしい完成度でした。

ダンボルギーニ

近くに、気になるのぼりが飛び込んできました!「さんま定食」の文字が。

2人の感想は同じで「失敗した・・・(苦笑)」

満腹になるまで食べてしまったのでもう入りません・・・きちんと全部見ないで決めてしまった私に責任があります。友よゴメン。

重い体を動かしながら、店内に入りお土産を探すとピッタリの物がありました。

さんまパン
「さんまパン」
一口食べるとサンマの風味が口いっぱいに広がります。

いきなりサバ太郎
「いきなりサバ太郎!」
こちらは、ビールのお供に最高です。

ちなみに、「いきなり」とは方言で「とても」や「もの凄く」と言う意味で使われます。

私は、この日の夜「サンマ定食」を食べ損ねた事を、「いきなり後悔」しました。
※もちろん、「突然後悔した」と言う意味ではありませんよ(苦笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク