高知でカツオの塩たたきを味わう

カツオが美味しいことで有名な高知県。豪快にカツオを釣り上げる「土佐の一本釣り」は、400年以上の歴史をもつ伝統的な漁業のひとつです。ニュースでも旬の時期に報道されるので、知っている方も多いことでしょう。

高知のカツオの旬は3~4月と10月。3~4月は「初カツオ(のぼりカツオ)」と呼ばれ、脂が少なくさっぱりしていることが特徴。10月は「戻りカツオ」と呼ばれ、脂がのっています。

高知のカツオは本当に美味しいです!!

今まで食べてきたカツオには申し訳ないですが、全く違いました。カツオよりマグロを好んで食べていましたが、高知でカツオを食べたことにより考えが変わりました。

カツオの塩たたき

ニンニク・ネギ・みょうがと一緒に、塩で食べるカツオは、今まで味わったことのないものでした。

カツオの塩たたきは、鮮度の差がはっきりと味に出るそうです。そのため、カツオの水揚げ地から離れるとなかなか食べられないので、北海道や東北に住んでいる方は、高知に行ったら是非食べてください。

高知まで行ったならば、坂本龍馬先生に会わずに帰るわけには行きません。

景色が綺麗な桂浜へ。

桂浜

桂浜の坂本竜馬像

何度撮っても逆光でうまくいきませんでした。

高知駅でリベンジ。

高知の先生達

前の日に台風が四国に上陸していたため、避難していた像を戻している貴重なものです。高知駅をまわって戻った時には、元通りになっていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク