沼津の4種類も味わえる贅沢な丼飯

沼津と言えば、アジの干物が日本一の生産量を誇る事で有名ですよね。しかし今回は干物が目当てではなく、「沼津丼」を求めて沼津港へ足を運びました。

地域興しとして生まれたこの丼は、沼津港飲食店街で味わえます。JR沼津駅からも約2Kmと程よい運動がてら向かうことも出来ますし、「一刻も早く食べたい!」という人はバスで向かうと良いでしょう。

ちなみに私はお腹を空かす為、行きは歩きました。

駅の南口から一本道を30分ほど歩くと沼津港へ到着します。数あるお店の中から選んだのは「かもめ丸」
【住所:静岡県沼津市千本港町101】

かもめ丸の外観

港にあるお食事処と言えば、朝早く・午後には閉まるイメージがありますがここは大丈夫!

到着したのは夕方でしたが、多くのお店が夜まで営業していているので時間を気にせず食事を楽しむ事が出来ます。

混雑した時間帯を避けることが出来たので、1人にも関わらずテーブル席を案内され少々申し訳ない気持ちに。

お目当ての「沼津丼」は確定としてせっかく沼津に来ているのでアジの干物も食べようかとも考えましたが、「沼津丼」と同じくらい気になるメニューを発見!!

その名は「潮かつお」

かつおを使った物とすぐに分かりましたが、そこからは皆目検討がつきません。お店の方に質問すると、かつおを塩漬けにして乾燥させた物で西伊豆伝統の保存食との事。お酒に合いそうと勘が働いたので、一緒におススメの地酒も注文です。

沼津産の地酒・白隠正宗とお通しはしらすの釜揚げ!

かもめ丸のお通し

夕方からお酒を頂くのは贅沢な気分になります!

写真を撮っているところに注文したものが次々と登場するのでこれまた恥ずかしくなります。

潮かつお

下に引かれたきゅうりとかつおの塩梅が本当に最高です!!

初めは少し塩加減が強いかな?と思いましたが、日本酒との相性は実に最高でした!

そしてついに、「沼津丼」とご対面!

沼津丼

実は「沼津丼」とは2種類あり、沼津丼グランプリ優勝の桜海老のかき揚げ丼と準優勝の生しらす・生桜海老・アジのたたきの三色丼。過去に桜海老のかき揚げは食べた事があるので、今回は準優勝の丼を選びました。

食べ方の順序もあってまずは、生しらすから。口一杯にしらすの美味しさが広がります。もう~これだけで幸せな気分になります。

続いては、桜えびの部分を食べます。少々、えびのチクチクが気になりますが (苦笑) これを食べると静岡に来たなぁと改めて感じることが出来ます。

最後はアジの刺身がのっている部分を豪快に頂きます!

ひとつの丼で3種類も味わえるこの丼はとてもステキです。

「結局、沼津まで来て干物を食べないのかよ!」とお叱りを受けそうですが、実は・・・この丼のご飯、白米ではなくアジの干物をほぐした炊き込みご飯になっています!!!

3種類を味わえる丼と言いましたが実は4種類も味わえる贅沢な丼なのです。正直、炊き込みご飯だけでも十分おいしくお替りをしたい位です(笑)

全国各地いろいろな種類の海鮮丼がありますが、これは本当におススメしたい丼です!!

もちろん、「潮かつお」も忘れずにご賞味ください。

・安く日本旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク