愛媛には柑橘類がいっぱいある

みかんでイメージが強いのが愛媛県。個人的には、桃太郎電鉄の影響が強かったのかなと思います。その土地のことを遊びながら覚えられて、小さい頃はよく友達と遊んでいました。

桃太郎電鉄は省略して「桃鉄」と呼びます。懐かしいと感じる方は同世代かと思います。都道府県の位置や特産は、教科書ではなく桃鉄から学びました。

みかんに話を戻しますと、普段食べているみかんの多くは「温州(うんしゅう)みかん」と言うそうです。温州みかんの収穫量を調べると、今は一位が和歌山県(2014年5月現在)なんですね。知りませんでした。

しかし、柑橘類の収穫量では愛媛県が一位です。愛媛ではデコポンなど多くの柑橘類を栽培しています。甘平(かんぺい)は特に人気がありますね。

伊予柑の果汁を使用した愛媛ご当地サイダーもあります。

愛媛伊予柑サイダー

温暖で晴れの日が多い愛媛は、美味しい柑橘類を作る環境に恵まれています。夏に愛媛ドライブ旅をしたときも快晴でした。しまなみ海道は、ドライブやサイクリングに最適なスポットです。

天気が良かったので、来島海峡SAから綺麗な風景が撮れました。

2014年夏に行った愛媛県の来島海峡大橋

柑橘に関係ありませんが、売店でバリィさん(今治市のご当地キャラクター)のスイーツを発見。冷たくもちもちしていて、夏のドライブにお勧めです。

ご当地バリィさん

県内の色々な場所で柑橘に関係のあるモノに出会うことができます。

・安く日本旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク