ドラクエウォーク 千葉編

今回は千葉編。
海の幸を使った美味しいそうなグルメを求めていざ!出発!!

初日

成田空港

3つのターミナルで構成されている日本を代表するハブ空港。勝手に第1ターミナルがクエスト開放場所と思いこんでいた私たちは、周辺を右往左往。

しかし、解放場所は第2ターミナル入口でした。少し迷いましたが無事に目的を達成したので次の目的地へ。

成田空港

幕張メッセ

この日は年越しLiveが行われている事もあり、周辺は大混雑を予想していましたが・・・安全策を取り手前のパーキングに車を停め、会場へ向かいます。しかし予想に反し、人通りもそれ程では無く車もまばら。

結局、渋滞・混雑に遭う事も無くスムーズにクエスト開放。
あまりにもスムーズに行ったので呆気に取られる2人でした。

幕張メッセ

海ほたる

本日3ヶ所目のポイントは、海ほたるパーキングエリア。東京湾アクアライン上にあり四方が海に囲まれているので不思議な感じがします。

合流する際には運転には十分に注意を。大変、交通量が多い上に本線に入る所では二重三重いやそれ以上に重なって割り込みもあり合流地点はカオス状態。

この状態を経験したので、てっきりパーキングエリアを利用する人が多いと予想していましたが前にいた数台が入るのみ。

これには拍子抜け。駐車場を探すのに苦労するかと思いましたが、すんなり止められました。

海ほたる

ここでお目当てのグルメを味わいましょう!!

東京湾で獲れるあおさのりとあさりを使ったメニューです。当初の予定ではラーメンだけの予定でしたが、メニューを見たら2人共あさりご飯も食べられそうな気がして来ました。

結局、ラーメンと炊き込みご飯のセットを注文!「あさりとあおさの塩ラーメン」

あさりとあおさの塩ラーメン

あおさのりの風味が良くてスープがとても美味しい。大きなあさりも歯ごたえがバッチリ!
100%空腹では無かった2人ですが、気づけばあっという間に完食。

アサリご飯

しっかりと味がしみ込んだあさりの炊き込みご飯も大変美味。大きなあさりが印象に残ったご当地グルメでした。

残る鴨川シーワールドは明日向かい、この後はお疲れさん会を始めます。

お疲れさん会

場所は「ひぼし屋」
君津駅南口を出てすぐの所にあります。
【住所:君津市中野1-1-17】

お目当ての 「クジラのタレ」 を早速注文。クジラの赤身を醤油で煮込んだ後、天日干しで乾燥させた物でお酒の肴にはピッタリ!!

珍味が得意で無い私なのに、あまりの美味しさに大興奮!!

クジラのタレ

長崎名物の 「からすみ」 や東京発祥と言われる 「トロたく」 も夜の宴を盛り上げます。

からすみ

とろたく

ただ、残念な事もありました。同じくお目当てだった 「なめろう」 と 「さんが焼き」 が無い事と年末で人手が足りないのでしょうがなかなか料理が出て来なくて少しずつ酔いが醒めてきました。

そんな中、意外な発見もありました。
「マグロ頬肉の唐揚げ」

マグロ頬肉の唐揚げ

普段は中々、食べる機会が無い部分なのでどのような味がするか不安でしたが、鶏肉のような食感で柔らかくてこちらもおつまみにピッタリ。

そしてもう一品。 「真鯛の塩串」

真鯛の串焼き

一見シンプルな串焼きですが、これが大変美味。絶妙な塩っ気とフワフワと柔らかい真鯛の組み合わせが絶妙です!!

お目当てのメニューが無かったりしましたが、反対に新しい発見もありお店を出る時にはすっかり良い気分になっていました。

【翌日】

鴨川シーワールド

水族館周辺は混雑していましたが、無事入口で開放。これで千葉県コンプリート!

鴨川シーワールド

この後は勝浦のアレを食べに行きます。

すると・・・
お土産屋さんを発見!

道の港 まるたけ
【住所:鴨川市浜萩1008-1】
開店時間まではまだ余裕があるので寄り道する事に。

道の港まるたけ

お食事処も併設されており、メニューを見ると・・・昨日、食べそびれた 「さんが焼き」 を見つけたので迷わず注文。漁師料理として有名な 「なめろう」 を焼いたものが 「さんが焼き」

お酒に合う一品だと勝手に思い込んでいましたが、ご飯にも合うと思います。

さんが焼き

たくさんのお土産を買い千葉県最後のご当地グルメを食べに行きます。「欅」 さんが第一候補でしたが、既にお正月休みに入られたようで、近くの 「ニュー福屋」 さんへ。

駐車場が非常に狭いので、譲り合いの気持ちを持って停めましょう。
【住所:勝浦市墨名 (とな) 719】

勝浦タンタンメン

ピリ辛いスープの中に玉ねぎの甘さもあり大変旨い。いつも以上に早く食べた終わった 「勝浦タンタンメン」 は、冷たい雨で冷えきった体をしっかりと温めてくれました。

元々は漁師や海女さんが、冬の海仕事の後に体を温める為に作られたのが始まりと言われますが納得の一杯でした。

2日間で多くのご当地グルメを堪能し、満足した気持ちで千葉県を後にしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク